人物

孫正義ソフトバンクグループ(SBG)社長の国籍はどこなのか

10兆円ファンドを作って、来たるAIベンチャーに投資をし続け「産業の再定義」に爆走する孫正義ソフトバンクグループ(SBG)社長兼会長。

 

日本を代表する偉大な実業家の1人ですが、過去に国籍を変えられているということを聞いたことがありました。

 

実際のところはどうなのか、孫正義社長の国籍について調べてみました。

 

スポンサードリンク

孫正義ソフトバンクグループ(SBG)社長の生い立ち

孫正義社長は、1957年に佐賀県鳥栖市の在日韓国人の実業家の次男として朝鮮人部落に生まれたそうです。

 

孫社長が以前講演を語ってらしゃったのは、幼い頃の環境は、現在の成功からかけ離れた凄まじい環境や酷い差別があったそうです。

(生活環境)

✔️バラックで建てた家で、番地がない無番地であった

✔️幼い頃は、豚と同居していた

✔️祖母の引くリヤカー乗り、豚のための餌のために町の食堂を周り残飯を集めた。リヤカーは残飯でヌルヌルしていた!!

(差別)

✔️町や学校では、在日ということで想像を絶する差別を受けた

✔️そのため、日本名でひっそりと生きていた

 

そんなことで、在日であることがコンプレックスになっていったそうです。

 

中学生時代に孫社長の父が倒れ、母が家計を支え兄が高校を中退して家計を支えるようになったことをきっかけに、事業家になる夢が目覚めたそうです。

✔️家計を中長期的に支える必要がある

✔️国籍のことを考えている暇はない

そして、当時通っていた久留米大学付属高校を中退して、自由な国アメリカへ留学。

事業家孫正義の第一歩を踏み出したのでした。

 

スポンサードリンク

孫正義ソフトバンクグループ(SBG)社長の国籍はどこか

孫社長の国籍はどこかの答えは、日本国籍です。

 

起業してから、周りの親族の方には、通名である安本性を名乗るようにアドバイスを受けたのですが、孫の性のままで活動をしました。

 

それは、同じように在日というこで差別を受ける人たちの背中を押せたらなという思いからであったそうです。

 

そして、孫正義のまま日本国籍を取得した理由は、次の理由からであるそうです。

✔️日本で生まれて生きていくんだから、日本国籍を取得

✔️自分のルーツを変えるのは先祖に失礼だから性は孫のまま

 

ネットで調べていると、日本国籍を取得する際の逸話がありました。

✔️夫婦関係では、日本国籍を取るのはいろいろと制約があった

✔️日本国籍を持つ養子となれば比較的簡単に国籍を取得できる

✔️奥様方の養子になって速攻で行政に認めさせたとの

 

ネットの噂話的な域をでない話かとは思いますが、孫社長の行政への突破力を見ると、あなかじない話ではないと思えますが・・・。

 

スポンサードリンク

まとめ

 

孫正義社長の国籍は日本ということでした。

 

孫社長は胡散臭いというイメージを持っていましたが、調べてみると相当苦労されていることがわかりました。

 

孫正義社長のことが気になりましたので、いろいろと調べてまとめてみようと思います。

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。