人物

孫正義の自宅〜アメリカ編〜

日本有数の大富豪であるソフトバンクグループの会長兼社長の孫正義さん。

孫正義さんの自宅について、過去に数記事書かせていただいておりますが、今回はアメリカの自宅についてまとめてみました。

 

スポンサードリンク

孫正義の自宅〜アメリカ〜

ソフトバンク社長兼会長である孫正義さんは、日本の自宅である麻生台や白金台とは別に、アメリカにも自宅をお持ちのようです。

その自宅の場所は、アメリカカルフォルニア州のシリコンバレー近辺の高級住宅地ウッドサイド。

購入金額は、さすが孫社長!!庶民にはびっくりのその額は、何と約108億円!!

アメリカでは、個人の購入価格としては、アメリカ2位という記録であり、アメリカ中辛注目を集めていました。

敷地面積は、約3万6000平方メートルであり、ヴェルサイユ宮殿を思わせる約830平方メートルもの白亜の邸宅。

道路から玄関まで200メートルはあるだろうか。その間、周りは高い樹木に囲まれ、幾重にも並ぶ池には清水が流れ込む。

近所には、インテルの創業者やオラクルのCEOや、故スティーブ・ジョブズの自宅もあったそうです。(現在建て替え中で、建設中にお亡くなりになられた)

ちなみに、となりの市には楽天の三木谷浩史会長兼社長の自宅もあるそうですが、こちらは購入額が約11億円と孫氏の約10分の1。

孫社長のスケールの大きさが際立ったように思います。

それにしても、なぜ孫氏はこの豪邸を買ったのか。近くに母校カリフォルニア大バークレー校があるというから、学生時代に夢見た憧れの地に居を定めたかったのか。はたまたIT経営者たちへのライバル心の表われか。当初の売り出し価格約78億円に30億円も上乗せして購入したというから、並々ならぬ決意に違いない。いずれにしてもそのスケールに呆れるばかり。

スポンサードリンク

自宅をアメリカで所有する理由とは

なぜ、100億円を超えるような額を出して、孫社長は自宅をアメリカで所有したのか?

次のような理由があったのではと推測します。

✅学生時代に留学したアメリカに憧れ

✅世界的なIT契約者へのライバル心 

スポンサードリンク

あわせて読みたい