人物

孫正義さん特集~自宅編②~白金邸

Forbes「日本長者番付2019」第2位にランクインされているソフトバンクの孫正義社長。

個人資産は何と約2兆6,670億円とのことです。

そんな、孫正義社長の自宅に関して気になりましたの、まとめてみました。

スポンサードリンク

孫正義さんの自宅

孫正義さんの御仕度は、次の場所にお持ちであるようです。

🔘東京都港区麻布

🔘東京都港区白金台

🔘アメリカのカルフォルニア州シリコンバレー

🔘別荘

以前の記事では麻布の自宅を特集しましたので、この記事では港区白金台の邸宅を特集します。

孫正義さん特集~自宅編~自宅は麻布にある孫正義さんファンの筆者です。 孫正義さんのことを随時アップしていきたいと思います。 まずは、麻布にある自宅編です。 麻布とはど...

 

スポンサードリンク

孫社長の港区白金台の邸宅

白金台の高級住地に、約7,000㎡の土地に地上4階、地下2階という巨大な建物が、孫社長の白金台の邸宅です。

気になる建設費用は、一説によると建設費は60億円、土地代を入れると140億円とも言われているようようです。

この場所には、三島由紀夫の小説『宴のあと』の舞台になった有名料亭「般若苑」があった場所とのことです。

宴のあと

宴のあと(うたげのあと)と読みます。

✔︎三島由紀夫の長編小説で1960年に初出版般

✔︎高級料亭「般若苑」の女将・畔上輝井と、元外務大臣・東京都知事候補の有田八郎をモデルにした作品

✔︎後日、有田八郎が三島由紀夫と出版社を訴えたという曰く付きの作品

 

般若苑とは

般若苑は(はんにゃえん)と読みます。

✔︎般若苑は、1948年から2005年までの間、東京都港区白金台にあった高級料亭

✔︎旧薩摩藩別邸の跡地。明治時代には、薩摩藩出身の政治家であった寺島宗則の屋敷となっていた場所

建設中には、いろいろと地元住民とトラブルがあったそうです。

✔︎一部住民の間では反対運動が発生。

✔︎建設計画によれば、深さ22メートルまで掘り下げられた地下には、ゴルフの打ちっ放し練習場や25メートルプール、ボウリング場まで備えていたそうです。

✔︎地元の生活圏を侵されることを危惧されたことが反対運動の主因なのでしょうか✔︎施主側は『アングロサクソン系の家族が入居予定だ』と告げるのみで、具体的な情報を伏せ続けた。

✔︎施主は、『白金ハウスプロジェクト』はこの建設事業以外に活動の実績がない。

これだけの巨大施設であれば、問題は起こるのは常なのでしょうが・・。

このあたりは、規制緩和で高さ制限があり20メートルくらいを超える建物が建てられれないようになっているようです。

それを、高さ制限内に抑えてかつ周りを威圧しないような建物を建築して周辺住民反対運動をクリアーされているのは、さすが孫社長だなって思います。

ここで気になるが、「孫社長は白金台に住んでいるのか」ということです。

複数の目撃情報では、「社有車で入っていった。」「ゴルフ練習をされるのでは」というような話があります。

が、すでに麻布に自宅を所有されており、「白金ハウスプロジェクト」というプロジェクト名から推測すると、白金台の邸宅はソフトバンクグループの迎賓館ではないでしょうか。

よって、孫社長は白金台には住んでいないと推測します。

スポンサードリンク

孫正義の白金台邸宅に関する諸情報